事業継承の情報が満載!

当サイトは円滑な事業承継を実現していくためのポイントについて、さまざまな視点で紹介していきます。
M&Aは売り手と買い手にとって大きな影響を与えます。
これらの当事者は株式譲渡の手続きの仕方や、中小企業庁が発表するガイドラインについて学ぶべきと言えます。
また、売り手企業と買い手企業の株主にとっても大きな影響が出るものです。
企業価値が高まるか否かは最終的には市場の判断に委ねられますが、ある程度の傾向があります。
その傾向についても迫ります。

事業承継で株式の価値はどう変わる?

事業承継で株式の価値はどう変わる? 日本で行われる事業承継の多くは友好的な買収によります。
売り手は現金を獲得することが主たる目的で、買い手はその企業が持つ経営資源を獲得したいという思惑が一致することで事業承継は成立します。
そして、事業承継が双方の企業の友好的な関係によって成立した場合には、株式の価値は上昇する傾向があります。
シナジー効果が期待できるからです。
ただし、売り手企業が上場廃止になる場合には、株式の市場価値は無くなってしまいます。
早めに売却するのが基本となります。
一方、国内ではほとんどありませんが敵対的な買収による事業承継のケースも考えられます。
この場合、買い手企業は株価が高くても手に入れたいと考えますから、一時的には株価は上昇するのが一般的です。
しかし、敵対的な買収によって長期的に企業価値が高まるかどうかは不透明と考えることができます。
長い目でみると株価は下がる可能性も十分にあると考えるべきでしょう。

事業承継では株式の保有が税金を有利にすることも

事業承継では株式の保有が税金を有利にすることも 中小企業では、事業承継を行って税金対策としたり、経営状況の挽回をはかったりします。
事業承継については、中小企業が日本の経済の根幹となっているため、スムーズに継承されて日本経済の刺激となるように、ここ最近の税制改革で有利な税制が施行されるようになったのです。
税制改革の具体的な内容としては、事業承継に関しての税金の免除、あるいは猶予などがあります。
事業を引き継ぐ際に株式の譲渡などが行われ、それに伴って相続税や贈与税が発生しますが、それを免除したり猶予を与えようとするものです。
これらの改革は、事業承継税制の緩和とも呼ばれています。
自社株の譲渡などはとくに特例制度となっています。
これらの措置を受けるためには、二つの条件をクリアしていなければなりません。
一つは都道府県知事の認定、もう一つが事業の継続の報告。
都道府県知事の認定は、会社、後継者、先代経営者それぞれについて得るようにしなければなりません。
また、事業の継続報告については、5年間は後継者が代表者を継続すること、対象株式を継続して保有すること、雇用の8割以上を5年間平均して維持することといった条件をクリアしてきていることを報告する義務があるのです。

事業継承の情報サイト

事業承継